酵素ドリンクで酵素ダイエット善玉カルシウムバイオ・ノーマライザーで確実にアンチエイジングと若返りを実感!。
  • お支払い・配送
  • 若返りブログ
  • お問合せ


お電話でのご注文
FAXでのご注文
メールでのご注文
オーナーからのご挨拶
メールマガジン会員登録
★会員限定豪華特典★
(1)ポイント10倍速報
(2)会員限定シークレットセールや新商品の先行販売
(3)商品再入荷の先行予約・先行案内
(4)無料モニターへの参加
(5)会員限定スペシャルプレゼント
TOP ココナッツ
TOP 自宅で宇宙パワーを
カテゴリ : 食品・スイーツ オイル

エキストラバージンココナッツオイル474ml


売り切れました
レビュー投稿で100ptプレゼント!


ローフードにも使える低温抽出『エキストラバージンココナッツオイル』



ココナッツの生の果肉から搾取したクッキング用オイル。
中性脂肪になりにくく、酸化安定性が非常に高い健康オイルです。


肌のカサカサ、かゆみ部分に塗ると回復がとても早く、化学薬品に頼らずオーガニックな家庭の治療方法としてお使いいただけます。


体内でケトン体に変換される天然の中鎖脂肪酸を豊富に含んでいます。
一般の植物油と比較して消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくい性質があります。
また酸化安定性が高く、トランス脂肪酸(TFA)も全く含みません。

無農薬ココナッツから低温抽出したオイルの為、ローフードを実践されている方にもご利用いただけます。

エキストラバージンですので、健康のため毎日朝晩小さじ1杯のココナッツオイルを飲みましょう。
特に認知症・アルツハイマーの予防にオススメです。

[使用方法]
ココナッツ特有の甘い香りがしますので、お菓子やアジア料理に向いています。
バターやマーガリンの代替にもなります。
炒め物や揚げ物等、加熱による油酸化が気になる料理にも適しています。
揚げ物に使うといつまでもサクッと軽く、べとべとしません。酸化に強いので、揚げ油として繰り返し使用できます。
低温で固形化する為、ドレッシング等の低温料理には不向きです。

[ご使用上の注意]
ココナッツオイルは約25℃以上の環境下では液体ですが、約20℃を下回ると固形化します。
固形化している場合はスプーン等でオイルを削り取って使用します。
水や異物が混入するとカビ等の原因となりますのでご注意ください。
またスプーンで掬い取る際は清潔なものをご使用願います。


[原産国]
フィリピン


Saraswatiオーナーのオススメ



お菓子作りの際に、レシピ中のバターをココナッツオイルに置き換えてみてください。
カロリーや健康への気遣いが反映されたヘルシースイーツに生まれ変わります!
バターを使うと調理器具を洗うときもベタベタしてしまい綺麗に洗うのがとても大変ですが、
ココナッツオイルを使うとそんな心配は必要ありません。
さっと洗い流すことが出来るだけでなく、手に付いたココナッツの油分が優しくお肌をいたわってくれて一石二鳥のお得感です!

割と低温で固まる性質を逆に利用したトーストスプレッドが美味しくてオススメ。
冷蔵庫などで固まったココナッツオイルと結晶化したハチミツを1:1で混ぜてパンに塗って食べるとこれまたGOODなんです。ぜひお試しください♪

さらに詳しい活用方法はコチラです。
夏は股間が痒くなる〜♪な人にオーガニックなお手当


エキストラバージンココナッツオイル
ECOCERTとUSDA ORGANIC認証取得原料100%です。

低温圧搾で抽出したローフードに人気のバージンオイル



40℃以下の低温圧搾法と伝統的な自然発酵法で抽出した100%無添加のエキストラバージンオイル。

低温圧搾(コールドプレス)の良いところ


市販されているオイルの多くは、精製や脱臭などの工程を経て食用油として販売されています。その工程では元来オイルに含まれているカルシウムやマグネシウムなどの栄養素が、長期保存する目的で取り除かれることもあります。また精製工程で有機溶剤が使用され、これがオイルに残り体内に悪影響を及ぼすこともあります。また同時にトランス脂肪酸も発生します。

一方、低温圧搾で搾り出したオイルは、酵素などの栄養素がそのまま残り、もちろん溶剤等を使わず自然のままの無添加なので、安心してお使いいただけます。ココナッツオイルは酸化安定性が高いので長期保存も問題ありません。

栄養素を残す自然発酵法


低温圧搾(コールドプレス)法を採用していても、その次の工程、オイル分とミルク分を分ける工程にも様々な方法があります。

最近では、遠心分離機で機械的に分ける方法が行われたりしていますが、ココウェルでは伝統的な方法でココナッツの栄養素がそのまま残りやすい発酵分離法を採用しています。栄養価が高く、香りも芳醇なのはそのためです。

ローフードとは


ローフード(raw food)とは、生の野菜や果物、海草などの食材をできるだけ生に近い状態で食べる食事法で、美容や健康を目的としています。

食物は過熱すると酵素やビタミン、ミネラルといった栄養素が失われてしまいがちです。加熱せずに生で食べることによって栄養素を効率よく摂取することができ、また免疫力の向上や、ダイエット効果、デトックス効果、体脂肪減少などが期待でき、常習的な体の不調も解消されると言われています。

ローフードを実践する人々の間で、低温圧搾(コールドプレス)のバージンココナッツオイルが愛用されています。



母乳成分ラウリン酸を約50%含有


バージンココナッツオイルには約50%のラウリン酸が含まれています。
ラウリン酸は他に母乳に約7%含まれており、自然界ではココナッツオイルに最も多く含まれています。なぜ母乳にラウリン酸が含まれているかというと、ラウリン酸には免疫力を高め、細胞を強くする働きがあるからです。母乳を通じて赤ちゃんを感染症などの外敵から守る働きをしているのです。

そのラウリン酸が約50%も含まれているバージンココナッツオイル。毎日スプーン1杯で強い身体を作りたいですね。

中鎖脂肪酸がすぐにエネルギーに変わります



代謝が早くエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸


エキストラバージンココナッツオイルにはラウリン酸をはじめ、天然の中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

中鎖脂肪酸は体内で燃焼しやすく、消化吸収が早く脂肪になりにくい優れた脂肪酸で、一般的な植物油に含まれる長鎖脂肪酸と比較して消化吸収は4倍、代謝は10倍のスピードで分解・燃焼されます。

トランス脂肪酸ゼロ・コレステロールゼロ


エキストラバージンココナッツオイルには、動物性脂肪に多く含まれ、摂り過ぎると動脈硬化の原因とされるコレステロールを全く含みません。また、血中の悪玉コレステロールを上昇させ、同じく動脈硬化や心臓疾患の等のリスクがあると言われるトランス脂肪酸(TFA)も全く含んでいません。

トランス脂肪酸は、水素添加された硬化油や精製植物油、加工油脂などで発生します。デンマークでは2004年に工業用トランス脂肪酸を脂肪の2%以内にする法律を施行したり、アメリカ・カナダでも表示義務が課され、カリフォルニア州では飲食店などでトランス脂肪酸(TFA)を全面規制する州法が成立するなど、世界で規制の動きが広がっています。

日本でも、2011年になり消費者庁からトランス脂肪酸の含有量表示に関するガイドラインが発表され、セブン&アイグループがトランス脂肪酸を使った製品を排除すると発表するなど、トランス脂肪酸の摂取を抑制する動きが起こっています。


肥沃な火山灰土で育ったココナッツを搾りました



政府機関ココナッツ庁


フィリピンはココナッツ輸出量が世界で1位2位を争うココナッツの国。ココナッツ庁という政府機関まで設けてココナッツを国の大事な産業として育てています。

ココナッツ庁がココナッツ農家やココナッツオイル生産者に技術支援や品質管理の指導を行うなど、他の国と比較してココナッツ産品の品質が高いことで知られています。


肥沃な火山灰土で採れたココナッツ


中でもココウェルのエキストラバージンココナッツオイルはフィリピン・ルソン島南部のケソン州の、火山灰土の肥沃な土壌で育ったココナッツを使用しています。

もちろん殺虫剤や除草剤などの農薬を一切使っていないココナッツだけを使用しています。

濃厚で芳醇なココウェルのエキストラバージン


バージンココナッツオイルには様々な製造方法があり、圧搾や分離方法によって、またその工程管理によって品質にばらつきがでてきます。

ココウェルのエキストラバージンココナッツオイルは国際衛生管理基準であるHACCPを取得した工場で製造し、40%以下の低温圧搾ながら水分量を0.05%以下に抑えた濃厚で芳醇なオイルです。

オイルは残留水分量があると劣化の原因になり、また香りも少し酸っぱい香りになってしまいます。そのためココウェルでは出荷前には細菌や微生物検査に合わせてすべての水分量をチェックしています。


炒め油やバターの代わりにも



酸化に強いので炒め油・揚げ油に


エキストラバージンココナッツオイルは普段の炒め物や揚げ物にご使用いただけます。揚げ物の際は他のオイルに混ぜてもご使用いただけます。1割以上加えていただくとサクッと軽く揚がり、長時間美味しく保存できます。

バターの代わりに


パンに塗ったり、ココナッツの風味を活かしたお菓子の材料としてもご使用いただけます。

毎日スプーン一杯で健康維持


ココナッツオイルはそのまま飲んでもお召し上がりいただけます。整腸作用もあるので、毎日1杯で腸の働きを整えます。

様々な栄養成分を含むココナッツオイルを、コーヒーなどのドリンクや、カレーなどの料理にスプーン1杯加えるなど、毎日の食生活に取り入れて健康維持にお役立て下さい。


エキストラバージンココナッツオイルのよくある質問とその答え



Q.プレミアムココナッツオイルとどう違うのですか?
A.プレミアムココナッツオイルは、乾燥させたココナッツ果肉(コプラと呼ばれます)を石灰などの天然素材で精製・漂白してオイルが圧搾されます(薬剤等は使用しません)。大量生産が可能である為、価格は安くなります。香りはほとんどありませんので、様々な料理にご利用いただけます。
エキストラバージンココナッツオイルは生の果肉を無精製・無漂白で圧搾します。Cold-Press法(低温圧搾法)を採用し、40℃以下の低温で圧搾していますので、ココナッツの酵素を摂取することができます。ローフード用のオイルはこちらになります。ココナッツ特有の甘い香りがします。

Q.美容用のオーガニックバージンココナッツオイルとどう違うのですか?
A.美容用のオーガニックバージンココナッツオイルと食用のエキストラバージンココナッツオイルにつきましては、中身は全く同じものです。薬事法等の法律上、化粧品と食品を別々に販売する義務がある為そのようにしています。オーガニックバージンココナッツオイルは化粧品工場にて容器に充填し、エキストラバージンココナッツオイルは食品工場にて充填しています。
ココナッツオイル最高
(  ⁄ 
パンに塗ってもいいし、マッサージしてもいいし、何にでも合うので良かったです。
ココナッツの良い香り
(  ⁄ 
いつもは袋入りのお手軽な方を購入していますが、1番絞りが欲しくて購入しました。高いだけあってココナッツのいい香りがします。認知症とうつ予防に毎朝ティースプーン2杯を飲んでいますが、さらさらでとても飲みやすいです。オリーブオイルよりさっぱりしています。

おすすめ商品情報


1,620円(内税)